プロミスで素早く全額返済をしたい場合には

一括返済するとどんなイイことが?

プロミスのキャッシングサービスを利用していて、ボーナスなどの収入があった場合に一括返済をしたいと考える人は多いのです。もちろん、プロミスの残りの借入額を全額返済することは可能です。しかもいつでもできます早く返せば返すほど利息を払わずにすみますので、もし金銭的余裕があるなら一括返済をする方が断然お得です。プロミスも喜んで全額返済を受け入れていますので、ぜひ行うようにしましょう。ではこれからその方法をご説明します。

 

全額返済の手続きの仕方

全額返済のための複雑な手続きなどはないので安心して下さい。
まずはプロミスコール(フリーダイヤル0120-24-0365)に電話をして、一括返済したい旨を伝えます。そして返済日と残額を確認します。実はこれかなり大事です。返済する日によって返済額が異なるからです。きちんと返済金額を確認して、間違いのないようにしましょう。
次に返済方法を選びます。インターネット・プロミス店頭窓口・プロミスATM・提携ATM・銀行振込の5つの中からいずれかの方法を選択することができます。ここで注意が必要なのが、ATMの返済の場合は硬貨の取り扱いができないということです。
1000円未満の端数がある場合は、後日、銀行振込・プロミス店頭窓口・次回利用時の借入残高から相殺の何れかの方法で返金されます。こちらもプロミスコールで確認することができるので事前にクリアにすることをお勧めします。

プロミスで全額返済した後はどうしたらいいの?

プロミスで全額返済した後は解約するべき?

プロミスでの借入金を全額払い終わってスッキリした時に、「この後どうしよう?」 「プロミスを解約した方がいいのかな?」と悩まれる方は多いと思います。ご存知のように、全額返済と解約は違います。
全額返済とは、返済すべき残高が0円であること、つまり借入を完済したことです。
一方解約とは、プロミスと結んでいた契約が解除された状態になることで、利用者が申請して行なわれる通常解約と、何かの問題が原因でプロミス側から申し入れられる強制解約があります。

 

通常解約の場合は我々利用者が、解約するメリットデメリットを比較検討して決めなければなりません。

 

メリット

@信用情報がクリーンになる
プロミスだけではなく消費者金融などから借入があると信用情報に傷がつくとよく耳にしますよね?きちんと利用している限り傷がつくことはありませんが、キャッシングの契約をしているかということもその人の信用情報に関係する場合もあります。完済していたとしても契約関係にある限り、次のローンなどの審査に影響を与えることは間違いありません。

 

A新たな借入を防げる。
契約したままだとついつい借入をしてしまうというのが人の弱い所です。解約してしまえば、お金を借りる選択肢がないため今まで以上にきちんとお金の管理をするようになるでしょう。

 

デメリット

@積み上げた実績がゼロになる。
金利引き下げや限度額の増額など、プロミスを利用することで積み上げてきた実績が、解約とともになくなってしまいます。好条件を手放すが惜しい人もおられることでしょう。しっかりと実績を積んだ方なら、金利も上限よりもはるかに安くなっている場合もあるのです。
また、プロミスを利用しているとポイントがたまっていきますが、一度解約してしまうとせっかくコツコツ貯めたポイントが0になってしまいます。

 

Aもしもの備えがなくなる。
いつ急にお金が必要になるか分かりません。いくらお金の管理に気を付けていても、身の周りで予期せぬ事態が発生する可能性は十分あるのです。契約したままならば直ぐに必要な額をキャッシングできますが、解約していると、申込から再度始めなければなりません。前回利用していた時の内容が不良(滞納の履歴など)の場合は、再審査を受け付けてもらえない場合があるということです。再契約の際は、再度、本人確認書類の提出が必要になります。また、自宅や勤務先への在籍確認も行なわれます。

完済後、解約を決めた方へ

「プロミス」のカードローンを解約するには

プロミスで借入金の返済が終了し、今後また借りることがあるかもしれないから解約しないままだったけどやっぱり使わない場合、解約しようと思われることでしょう。どのような手続きをしたら良いのでしょうか?

 

プロミスコールに電話をかけ、解約を申し込むことができます。解約の電話をする際、カードに記載されている会員番号が必要になりますので、お手元に用意しておきましょう。
別の方法として、店頭へ行って受け付けてもらうこともできます。店頭で解約を行なってもらう場合は、身分証明書を提示し、解約申込書に記入し、解約申込書が受理されたらカードを返却して解約が完了となります。