プロミスで借り入れをすると月々の返済額はどれくらい?

プロミスで借り入れをすると月々の返済額はどれ位になる?

プロミスで借り入れをすると毎月どれくらいの返済をしなければならないのか気になりますよね。今回は返済額に注目してみましょう。
基本的にプロミスの返済方式は「残高スライド元利定額返済方式」と呼ばれる方式ですが、これはどのようなものなのでしょうか?
これは、借り入れ直後の残高によって月々の最低返済額が決まるという方式です。そして、返済額から利息を引いて残った金額が元金の返済に充てられる、というものです。プロミスの月々の最小返済額はどのようにして決まるのでしょうか?
借入直後の残高が30万円以下の場合、借入後残高×3.61%(1000円未満切上)、30万円超100万円以下の場合は借入後残高×2.53%(1000円未満は切上)、100万円超の場合は、借入後残高×1.99%(1000円未満は切上)となります。仮に30万円借り入れたとすると30万円×3.61%=1万830円となりますが、1000円未満は切り上げになり、月々の最小返済額は1万1000円となります。返済の年月が経って借入残高が少なくなってきても、完済までこの額は変わりません。しかし、途中で追加借入をすると、最小返済額に変化が生じます。追加借入をした結果残高が40万円になったとすると、最小返済額は40万円×2.53%=10120円で、1000円未満は切り上げになるので、1万1000円となります。月々の最小返済額が5000円ほど変わるのです。目先の支払いの負担減を考えて、追加借入をすることは避けましょう。

 

利息を減らす方法

最低返済額は決められてはいますが、何も必ず最低返済額を支払わなければならないわけではありません。あくまで最低なので、余裕があるときには多めに返済することができます。実際、プロミスの場合10万円借りたとして、最低返済額は上記のように4000円です。しかし4000円ずつ返済していくと、32回の返済の間はずっと利息がついてくるので、利息の総額は2万5403円にも膨らんでしまいます。極端ですが仮に1万円ずつ返済することができれば、11回の返済で利息は8910円に抑えることができます。この差は大きいですよね。あたりまえのことですが、キャッシングをし返済する際は、どれだけ返済期間を短くできるかが無駄のない借入をするコツです。